軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

御代田の暮らし

【軽井沢移住者インタビュー】仕事も、遊びも、美味しいものも。一番バランスが良かったのが「御代田」でした<後編>

At Oct 20, 2019

昨年の12月に東京近郊から御代田へと引っ越された市川さん夫妻。お二人とも現在も東京での仕事を続けながら御代田での暮らしを楽しまれています。近年着々と増えつつある「新幹線通勤」「リモート」で業務をされ、週末には近くの温泉やワイナリーなどに出かけたり、自宅の庭でBBQをされたりと家族や友人との時間を楽しむ暮らしを実現されています。

そんな市川さんご夫妻の移住に至った経緯と、御代田に決めたポイントについてお伺いした<前編>に引き続き、<後編>では移住後の生活の変化、そして移住前に試してよかったポイントなど移住者検討者へのアドバイスをお伺いしました。

 

移住後はやりたいことがたくさんあって、やりきれていない

御代田移住者インタビュー_i玄関前にはこれから迎える冬を待つ、市川さん自作の薪がずらりと並ぶ

–実際に御代田に住んでみて、何か生活に変化はありましたか?

ご主人:通勤のスタイルが新幹線通勤になったのが一番の変わったところだと思います。朝は7時前に出ますが、もともと朝は早いほうでしたので、特に苦労はないですね。むしろ朝も帰りも座れるので、ゆったりしたり仕事したりと効率的に過ごせています。ただ終電は22時台ですので、飲み会は1次会だけ参加することが多いですね。たまに取引先との付き合いやそれ以上というときには、思い切って都内にホテルを取って思う存分参加しています。

週末には妻と近隣の佐久や小諸、東御などにもしょっちゅう行って、温泉に入ったり美味しいお店を見つけたり、最近は庭や木の手入れをしたり、畑で野菜を作ってみたり、薪を割ったりとやりたいことがたくさんあって、時間が全然足りていません。

奥様:周辺のには新鮮な野菜や果物が豊富に並んでて、以前より野菜や果物をたくさん⾷べるようになりました。また、2人ともワインが好きなので、近隣のワイナリーを巡っては美味しいものを見付けてついつい買って帰ってきてしまいます。

 

–確かにワインセラーにはたくさんストックされていらっしゃいますね。(笑)今の生活をとても楽しんでいらっしゃるようですが、移住前と実際に住んでみてギャップはありませんでしたか?

御代田移住者インタビュー_i駐車場には奥様の靴のヒールが埋まらないようにステップが施されている

ご主人:ギャップはありませんでしたね。というのも、私たちが移住を本格的に検討しはじめたときに、ちょうどタウナー不動産で移住体験イベント募集があって参加してみました。ツアーに参加したことでスーパーや病院など周辺環境の生活インフラや気候を知ることができました。それから案内してくれた担当の方が地元出身者で、かつ東京での生活経験もある方でしたので、それぞれの視点での御代田の良いところや生活面での留意点を教えてもらうことができました。

さらにぼくらの場合は、「実際にそこから通勤やリモートワークができるか」がキーでしたので、自分たちでもAirbnbでこのエリアの別荘に4泊5日し、東京に通勤もしてみて疑似移住体験してみました。そこで自信をもって生活できるとわかり、最終的に移住を決断しました。ここの土地に決めるまでは、タウナー不動産に本当にたくさんの土地を案内してもらいました。自分たちの要望を伝えて、土地の雰囲気や周辺環境の説明をしてもらいながら現地を訪問することを重ねて…最終的に決めたのは、一番最初に紹介してもらった土地でしたね(笑)。最初から自分たちの要望ドンピシャで紹介していただいたんだな、と思いました

奥様:ここでの生活は本当に「職・住・暮らし」のすべてでバランスが取れているのでとても満足しています。通販なども届くので不便はないのですが、東京に通勤しているので、ここで入手できないものがあったときには東京で購入できるというメリットもあります。

 

移住体験をしたことで、自分の要望が整理された

e8f8046d44ebdb364ef9e38817a08252御代田と東京の往復生活は、いつも新しい発見があると市川さんご夫妻は語る

-まさに「いいところ取り」ですね。最後に、これから移住を検討されている方にアドバイスがあればぜひ教えてください。

ご主人:インターネットには様々な情報が載っていますが、これから住む場所の周辺環境や気候、その土地の雰囲気は実際に訪問して体感してみないとわからないことが多いです。そんなニーズに答えてタウナー不動産の移住体験イベントでは、生活のインフラ案内や宿泊体験が組み込まれていたので、自分の目で見て確かめて納得して決めることができました。

また、実際にトライアルをしてみることで、自分たちの優先順位を整理することもできました。移住を検討されている方は、ぜひ一度現地を訪れて本当に求めていたところなのか、ここで生活をしていけるのかといった視点で移住体験をしてみるのも良いと思いますね。僕らは本当に今、御代田での生活を心から楽しめています。

–まさにおっしゃるとおりで、実際に現地で移住体験をされてみると「こんなはずじゃなかった…」といった住んだ後のギャップが少なく、移住生活を楽しむことができるかと思います。本日は貴重なお話をありがとうございました!

 

タウナー不動産では、軽井沢や御代田に移住される方向けに、これからも周辺情報の掲載や、イベントやツアーなどを開催する予定です。また、住まいに関するご相談も常時承っております。

Sticky
【軽井沢移住者インタビュー】仕事も、遊びも、美味しいものも。一番バランスが良かったのが「御代田」でした<後編> はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢移住者インタビュー】仕事も、遊びも、美味しいものも。一番バランスが良かったのが「御代田」でした<前編>

At Oct 20, 2019

昨年の12月に東京近郊から御代田へと移住した市川さん夫妻。近年着々と増えつつある「新幹線通勤」や「リモート」。お二人とも、現在も東京での仕事を続けながら、週末には近くの温泉やワイナリーなどに出かけたり、自宅のお庭でBBQをされたり。家族や友人との時間を楽しむ暮らしを実現されています。

<前編>では、そんな市川さんご夫妻が移住に至った経緯と、移住先を御代田に決めたポイントについてお伺いし、<後編>では移住後の生活の変化、そして移住検討者へのアドバイスをお伺いします。

 

もともと軽井沢が好きで、移住っていう選択肢もいいなと思った

御代田移住者インタビュー_iリビングやダイニングの窓には四季を感じられる美しい風景が広がっている

–以前ご訪問したときよりもお庭の緑が増えて、さらに素敵な風景になりましたね。昨年の冬に御代田に移住されて、冬・春・夏と3つの季節を過ごされたかと思いますが、いかがでしたか?

ご主人:去年の12月に引っ越してきたときが、ちょうど一番寒い時期だったようですね。薪ストーブを焚いて室内を温めて、という移住生活のスタートでした。もともとぼくらは二人ともアメリカのミシガンに留学していたことがあり、そこでの冬の気候と御代田の冬が似ていて、マイナス15度の中での生活を経験していたからかそこまで寒いなとは思いませんでした。

庭にはたくさんの木が自生しているのですが、物件案内で来たときに説明していただいたとおり、落葉樹は冬には葉が落ちて日が入り、暖かかったです。新緑の季節は、青々とした木々がとても美しくて、夏は逆に木々が西日を遮ってくれるので、朝晩に通り抜ける風が気持ちの良いこと。私たちは新幹線で都内に通勤しているのですが、夏に東京駅で新幹線の扉が開いた瞬間のムワっとした空気で「東京に着いたな」と感じ、逆に軽井沢駅に降り立ったときのヒンヤリとした空気で「ああ、御代田に帰ってきたな」と感じましたね。

御代田移住者インタビュー_i無垢の床と存在感のある暖炉が似合う、まるで海外の別荘を思わせるようなリビング

–お二人は今も御代田を拠点に東京へ新幹線通勤という形でお仕事をされていらっしゃいますが、なぜ御代田への移住を考えられたのですか?

ご主人:昨年結婚を機に、たしかあれはグランドキャニオンを旅行中に、老後まで見据えたライフプランを2人で考えたことがあったんですよね。その時に僕が元々暑さと人混みが苦手で、アウトドアが好き。仕事はネット環境さえあればかなりの部分は家でもできる、そして幸いなことに妻もフレキシブルな働き方をしていました。

もともと軽井沢にはスキーやアウトドアなどでよく遊びに来ていて、新幹線で1時間ちょっとという便利な立地であることは理解していましたし、軽井沢への移住という選択肢もあるなと。引退してからももちろん楽しめると思いますが、現役のうちからももっとアクティビティを楽しむことができる。そこで軽い気持ちで妻に「軽井沢に移住とかどう?」と聞いてみたら、二つ返事で「いいね!」と言われました(笑)。

奥様:私もどちらかというと海よりも山派で、軽井沢はいいなと思いました。2人とも美味しいものを食べるのが好きで、都内に居たときにはたくさんのお店を食べ歩きました。軽井沢にもたくさん美味しいお店があるのを知っていましたし、利便性もある。

ご主人:軽井沢のほかにも、鎌倉や葉山、小田原から熱海、那須塩原、甲府なども検討してみました。僕らの場合は東京での仕事があるので、「通勤できる範囲内であること」が第一条件でした。

奥様:そこでインターネットで「軽井沢 移住」というキーワードで調べた時に一番最初に見つけたのがタウナー不動産でした。メルマガを登録してみたら、移住検討者向けのイベントの案内が届き、現地のスーパー、病院、公園、学校といった周辺環境を巡り、宿泊体験ができるツアーに参加してみることにしました。

–様々な候補地があったわけですが、最終的に移住先を御代田に決められたポイントはどんな点だったのでしょうか?

御代田移住者インタビュー_i生い茂る緑と立ち並ぶ木立が、まるで別荘地を思わせる市川さんのお住まい

ご主人:まずは先にお話しした通勤できる範囲であり、なおかつ生活圏の利便性が高かったことです。ここはショッピングモールやホームセンターなどがある佐久方面へのアクセスも良く、さらに軽井沢にも近い。そんな便利な立地なのに、地価が手頃でさらに軽井沢町に比べると建物の建築規制が厳しくないため、建物を建てる位置や庭の設計などの際にも土地を有効活用することができるという点です。

奥様:これは住んでからわかった話になりますが、買い物や飲食は佐久、直売所や温泉を求めて小諸、美味しいワインは東御、といった具合に、本当に毎週のように週末はあちこちに出かけています。片道1,2時間もあれば、渋滞なしでアウトドアやスキー場にも行くことができます。あと通勤時間帯の新幹線も、思っていた以上に混んでいません。座って通勤できるので、時間を有効活用できますね。

移住者に開かれているところが『御代田の魅力』

御代田移住者インタビュー_iこの夏はご友人とウッドデッキと庭でBBQを楽しまれたそう

ご主人:住んでみて半年ちょっとですが、思ったよりも早く友人ができて、先日はおうちにお邪魔してご飯を食べたりと、こちらでの生活にも馴染んできました。御代田は今、長野県の中でも有数の移住者・人口増エリアになってきているようですが、本当にOPENな感じで移住者にも開かれているなと実感しました。これから移住を検討されている方には自信をもっておすすめできる場所ですね。

 

市川さんご夫妻への移住者インタビューは、<後編>に続きます。

<後編>では、移住後の生活の変化、移住前に試してよかったポイントなどの移住者検討者へのアドバイスをお伺いしていきます。お楽しみに。

タウナー不動産では、軽井沢や御代田に移住される方向けに、これからも周辺情報の掲載や、イベントやツアーなどを開催する予定です。また、住まいに関するご相談も常時承っております。

 

Sticky
【軽井沢移住者インタビュー】仕事も、遊びも、美味しいものも。一番バランスが良かったのが「御代田」でした<前編> はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢移住者インタビュー】理想の暮らしを求めてみたら「御代田」に出会いました

At Oct 10, 2019

今年の夏に住み慣れた横浜から、軽井沢の隣町、御代田町へと移住をした長田(おさだ)さんご夫婦。横浜生まれ、横浜育ちという生粋の都会っ子として育ったご夫婦。定年を迎え今後の暮らし方を考えた時に、「いつかは田舎で暮らしてみたい」という思いがありました。最初は全く御代田町という地名も知らなかったという長田さん。実際に家を建て移住をするという決断をされ、御代田町で暮らし始めたことで、「横浜時代とは生活の質がガラリと変わった」と嬉しそうに話します。

そんな長田さんご夫婦が軽井沢移住に至った経緯と、なぜ「御代田町」にたどり着いたのかをお伝えします。

御代田移住者インタビュー_o取材したのは8月下旬。風通りが良く、エアコンいらずの快適空間

 

旅行で訪れた軽井沢で、こんなところに住めたらいいなと思った

–2017年の7月に御代田に家を建てられ、そこからお仕事の関係でしばらく横浜と御代田を行ったり来たりする二拠点生活をされていらっしゃいましたが、今年の夏から本格的な移住生活をスタートされたとお聞きしました。この夏は特に暑かったですが、御代田で過ごしてみていかがでしたか?

ご主人:御代田に家を建てて、この2年間は2~3ヶ月に1度来て過ごすという生活だったので、この夏を過ごしてみてとても快適でしたね。横浜の家は周辺に高速道路が通っていて交通量も多かったのですが、高台にあるため比較的風の通りはよい場所でした。しかし、特に最近は猛暑というのもあって夏にはエアコンは欠かせませんでした。でもここでは窓を開けるとすーっと風が通って気持ちよく、お盆のいっとき暑かった時でも扇風機だけで過ごすことができました。御代田で家を建てる際に、周りのお宅ではエアコンのない家が多いと聞きびっくりしましたが、それも実感できました

 

–それはよかったです。最初にタウナー不動産を訪問してくださったときは、軽井沢の物件をお探しでしたね。慣れ親しんだ横浜を離れて、軽井沢周辺に移住したいなと思われたのはなぜですか?

御代田移住者インタビュー_o「軽井沢=旧軽井沢」のイメージが強かったと語る長田さん

奥様:夫婦の中で漠然と、いつかは田舎に住んでみたいなという思いがありました。4~5年前から旅行で何度か軽井沢に来ているうちに「こんなところに住めたらいいなぁ」という気が起こり、ほんの軽い気持ちで不動産を見始めたことがキッカケです。当初は別荘地の中古マンションを見ていたのですが、価格的にこのエリアでは移住は無理だなと思いました。

ご主人:その後横浜に戻って、インターネットで「軽井沢 移住」というキーワードで検索してみたところ、タウナー不動産に出会いました。ホームページには、物件情報だけではなく、まず知りたいと思っていた軽井沢の暮らしや気候、生活情報がたくさん載っていて、思わず読み込んでしまいました(笑)。読んでいくうちに住みたい気持ちが高まってきて、ここに行って相談してみよう!と思いました。実際に相談する中で、考えてもみなかった素晴らしい提案を受けました。私達は、中古マンションや中古の戸建てを探していたのですが、当初考えていた軽井沢の別荘地エリアでは条件的にも厳しいということがわかりました。自分たちの予算内でこれからのしたい暮らしを実現するのは難しいかなと思っていた時に、薦められたのが御代田町での土地からの戸建新築でした。今までマンション住まいでしたから、まさか新築で家を建てることができるなんて思ってもみませんでした!

 

–そうでしたね。御代田町は軽井沢の西側に位置した、通称「西軽井沢」とも呼ばれるエリアで、立地もよく雄大な自然に恵まれた場所です。御代田町のことをご存じでしたか?

御代田移住者インタビュー_oご近所さんに誘われて、お庭で一緒にBBQをする長田さんご夫婦

奥様:いいえ、全然、全く最初は知りませんでした(笑)。でも実際に行ってみると納得しました。浅間山の麓にあって緑が綺麗で軽井沢のような雰囲気のある別荘地もあり、軽井沢や佐久方面へのアクセスも良いし、総合病院も近いです。そういえば、来春までに2つの医院も増えるようです。また、買い物したい時は、佐久のショッピングモールまで車ですぐですし、都内や横浜の友人に会いに行きたい時にも新幹線で1時間ちょっと。御代田の駅からは高速バスも出ているので、池袋までバスでも行けます。そして何よりも想定していた予算で新築一戸建てが建てられるとは本当に驚きました。確かにここなら、自分たちが求めていた暮らしが叶えられるのではないかと思ってワクワクしました。

ご主人:今住んでいる近隣の方々も、お話してみると移住者の方も多いようで皆さんとてもいい方ばかりです。この土地に決める前にも様々な人に「御代田っていいですか?」と聞いてみたのですが、みんな口をそろえて「御代田はいいところだよ」「御代田が好き」とおっしゃいます。移住の先輩たちの言葉から、人を受け入れてくれる土地なんだなと感じました。だから私たちも安心して、ここに住みたい!と思いました。実際住んでみてからもご近所さんとの付き合いが多く、一緒にBBQをしたり、横浜から知人が遊びに来ると話したら「ブルーベリー狩りにはあそこがいいよ」とかいろんなことを教えてもらっています。横浜に居た時にはマンションに住んでいましたがご近所づきあいはほとんどありませんでしたが、御代田では近隣の小中学生でさえすれ違うときちんと挨拶をしてくれます。みんな人が良くて、こちらまで優しい気持ちになれますね。

–それは嬉しいですね。移住されてみて、生活や暮らし方など、何か変わったことはありましたか?

ご主人:生活スタイルは大きく変化しましたね。特に朝は空気が爽やかで、頭がすっきりと目覚めることができます。今まではテレビを見ながら朝食をとっていたのですが、今はクラシック調の曲を流してモーニングを食べています(笑)。ふらっと早朝散歩をするとキジが道路を歩いていたり、キツネも畑に居る、カッコウの鳴き声が聞こえる、夏のベランダにはカブトムシが…。食べ物にしてもそう、直売所で買ったり近所の方からいただいた野菜が美味しくて、日常の中に自然の恵みを感じることができますね。定年後なので、これからは元々やっていた筆耕を生業としていきたいと思っています。落ち着いた環境なので筆も進みます。

御代田移住者インタビュー_o生業とされる筆耕の様子。ふと視線を上げると美しい庭の緑が目に飛び込む

御代田移住者インタビュー_o長田さんに書いていただいたサンプル作品。堂々として美しく、印刷よりも温もりのある文字が並ぶ

 

住んだら本当にいいところ、御代田に住めてよかった

奥様:主人が喘息を患っていたのですが、引っ越してきてからは全く症状が出なくて驚きました。私自身も飲み続けていた薬を飲まなくなり、健康になってきました。最初は子供たちに知らない土地への移住を心配されていたのですが、息子家族が御代田に遊びに来てみて御代田を気に入ったようで、この夏も別荘代わりに遊びに来てくれ、孫と一緒にブルーベリー狩りや庭で花火をしました。こういうことも都会ではなかなかできないですよね。御代田は静かで、便利でとても暮らしやすくて移住して良かったなと思います。

ご主人:こうして今改めて考えてみると、[Quality of life]という言葉がありますが、「より質の高い暮らし」みたいなものをどこかで求めていたんだなと実感しています。あとは家だけではなく様々な生活上の相談ができたりと、住んでからもお付き合いがあるタウナー不動産に出会ったから今の暮らしがあると本当に心からそう思います。

–今の生活を楽しんでくださっている様子が伝わり、とても嬉しくなりました。本日は貴重なお話をありがとうございました!今後とも末永くお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

タウナー不動産では、軽井沢や御代田に移住される方向けに、これからも周辺情報の掲載や、イベントやツアーなどを開催する予定です。また、住まいに関するご相談も常時承っております。

Sticky
【軽井沢移住者インタビュー】理想の暮らしを求めてみたら「御代田」に出会いました はコメントを受け付けていません。
Share