軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

移住定住の拠点にも!軽井沢の西側、追分エリアのおすすめ物件5選

移住定住の拠点にも!軽井沢の西側、追分エリアのおすすめ物件5選

Sticky
Jun 24, 2016
移住定住の拠点にも!軽井沢の西側、追分エリアのおすすめ物件5選 はコメントを受け付けていません。
LINEで送る
Pocket

軽井沢の西側に広がる追分エリア。町の中心からは少し離れますが、ここはタウナー不動産でも特におすすめしているエリアです。

理由は、軽井沢らしい緑はそのままに相場が手頃なこと。高級別荘地のイメージが強い軽井沢ですが、例えば「3,000万円前後で新築や築浅未入居の一戸建て」という条件もここなら可能です。もう一つは生活利便性の高さ。大きな買い物に便利な西の佐久市へは軽井沢の中心より近く、車で20分ほど。

周辺には小学校や保育園もあり、近年では移住・定住先としても人気です。ブランドこそまだ確立されていませんが、「暮らし」目線で見てみるとメリットが多い、ぜひ見ていただきたいエリアです!

 

1.日当たりの良い片流れの外観。湿気も少なく過ごしやすい(新築戸建、2,980万円、建物27.36坪/土地102坪)


追分新築物件南東に開口部を設けた、なんとも日当たりが気持ち良さそうな片流れの外観。2LDKで2階と1階の各部屋にはすーっと日の光が差し込んできます。

デッキは1階のどの部屋からも出られる縁側タイプ。奥行きは控えめですが、ついつい座って足をのばしたくなる気持ち良さがあります。価格の手頃さに加え、追分のもう一つの魅力はカラッとした気候です。西側エリアのため、軽井沢特有の湿気も少なく過ごしやすい。

場所は国道と浅間サンラインに挟まれた森の一帯。別荘地の雰囲気がありながら車のアクセスがしやすいのも好ポイントです。

▼詳細はこちら

http://estate.towner.jp/properties/01h0115/

 

2.坪5万円台。340坪の広さが手頃な相場で手に入る(土地、1,750万円、349.08坪)

追分土地物件約340坪の広さ、ほぼ平坦ながら緩やかに南に傾斜した地形、そして自生する落葉樹。

坪単価は5万円ほど。追分エリアでは平均的な相場ですが、これだけの条件が揃いながら旧軽井沢や南ヶ丘と比べて半分ほどの価格で手に入るのが魅力。

贅沢に平屋建ても可能ですし、ウッドデッキはもちろん、広い庭を作ってあげてもいい。それも子供がいればちょっとしたサッカーやキャッチボールもできる広さで。愛犬がいればドッグランもいいですね。

こちらも小学校、保育園は徒歩圏内。子育てを機に移住・定住にもおすすめできます。

▼詳細はこちら

http://estate.towner.jp/properties/01l0136/

 

3.追分随一の雰囲気を誇る「啓明別荘地」(土地、2,750万円、305.13坪)

es_00005_01追分でも随一の雰囲気の誇る啓明別荘地。価格はそれなりにしますが、一度は見ていただきたい土地物件です。追分宿近くの脇道から南へ行くと、高々とした木々の並木道の景色が一斉に広がります。

「グリーンベルト」という、メイン道路から20m以内は建築できない特有の規約がその理由。土地はメイン道路沿いですが、規約ゆえの並木道の景観と生い茂る落葉樹の美しさは他では味わえません。

約300坪と広さも十分。追分で特別感を求めるならここです。

▼詳細はこちら

http://estate.towner.jp/properties/01l0169/

 

4.平成27年11月築。国産の木に徹底的にこだわった空間をどうぞ。(中古戸建、4,550万円、建物40.75坪土地159.42坪)

生活のしやすい借宿エリアに築浅の戸建が出ました。玄関を開けると、開放感たっぷりの吹き抜けLDKが広がります。素材にとことんこだわり、フローリングには希少な国産のカラマツの無垢材を、浴室にはヒノキを使用。

しなの鉄道「信濃追分」駅から徒歩10分、スーパー「ツルヤ」まで車で5分。周辺には小学校や幼稚園もあり、子育てを機に移住の際の拠点としてもおすすめです。

▼詳細はこちら

http://estate.towner.jp/properties/01h0157/

 

5.御影用水まで徒歩数秒。ゆったりとした分譲地(土地、2,420万円、345坪)

御影用水の近くで土地を探されていた方は朗報です。川から歩いて数秒の森の中に、大型分譲地が開発されました。分譲地は全14区画。ご紹介する土地は345坪あり、中を走る道幅は7mなのでかなりゆったりしています。御影用水近くの土地は滅多に物件として出てこないだけにこれはチャンスです。

周辺を散策すると御影用水だけでなく、隠れ家的なカフェやレストランが点在しています。「軽井沢朝食」という言葉の火付け役の「キャボットコーヴ」や、フレンチの名店「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」はぜひ足を運んでみてください。

▼詳細はこちら

http://estate.towner.jp/properties/01l0236/

Comments are closed.

【月1回配信】軽井沢の暮らし情報、新着物件情報をお届けする無料メルマガ開始!>>登録はこちら(30秒で完了)
+