軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

浅間山の歴史について調べてみた

浅間山の歴史について調べてみた

Sticky
Dec 14, 2015
浅間山の歴史について調べてみた はコメントを受け付けていません。
LINEで送る
Pocket

軽井沢 浅間山

軽井沢の北に雄大そびえる浅間山。東京に住んでいた頃はその存在を全く知りませんでした。しかし軽井沢では知らない人はいないほど有名な山。先日、雪が降ったときは「初冠雪を記録しました!」とニュースやラジオで賑わっていましたし、それこそこの仕事をしていると「一望できる絶景ポイントの土地はどこか?」などなど。

となりの御代田町や小諸市、群馬県まで広げてみても知名度は高い。なぜここまで有名なのか?気になったので調べてみました。どうやら「活火山」の歴史が大きく噛んでいるようです…

 

浅間山って?

標高は約2500m。群馬県と軽井沢町と御代田町の境目にドンと位置しています。写真ではちょっと雪に隠れてしまって見えませんが、南側にゴロッと削り取られたカルデラがなんともワイルド。実際のサイズよりかなり大きく感じる存在感があります。

このカルデラが物語るように、ポイントは「活火山の歴史」。遡ること古墳時代の4世紀。そして平安時代の1108年、そして江戸時代の1783年です。小さな噴火も絶えず繰り返してきた荒くれ者ですが、代表的なものはこの3つ。

 

江戸時代の大噴火

中でも江戸時代の噴火は、溶岩流や火砕流が軽井沢だけでなく群馬県まで流れ大きな被害を出したといわれています。範囲は50km以上も先の吾妻川まで。ちなみに、浅間山の北側、群馬県嬬恋村の名所「鬼押し出し」はこの時の溶岩が堆積して固まったもの。「幅2km、長さ5kmにわたって流下した」という記録も残されています。ちょうど天保の大飢饉の時期と重なったこともあり、追い打ちの決定打になったのも記憶に刻まれた原因かもしれません。

それ以来、大きな噴火は記録されていません。噴火の周期は700〜800年と言われているので、現在大規模な噴火の可能性はかなり低いです。それでも2015年の6月には噴煙が立ち上ってニュースになりましたね。警戒レベルは「1」から入山規制のある「2」に引き上げられたり、まだまだちょっと油断はできません。

 

やっぱりそれでも美しい!

昔から人々の引いてきた浅間山。それでも最初にご紹介したように人気は相当なものです。絶景のロケーションの別荘や土地はすぐに売れてしまいます。

季節ごとに様々な表情を見せてくれ、夏の深緑、秋の紅葉、冬は真っ白な雪化粧….散策中や、車や電車の窓など、いろんなシチュエーションでその姿を望むことができます。室生犀星や堀辰雄など、軽井沢にゆかりのある作家の世界にもたびたび描かれています。ちなみに軽井沢では、「浅間山に3度冠雪すると、麓にも雪が降る」と言われているそうな。

Comments are closed.

【月2回配信】軽井沢の暮らし情報、新着物件情報をお届けする無料メルマガ開始!>>登録はこちら(30秒で完了)
+