軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

Daily Archives 2016年5月13日

暮らし方&不動産のプロ目線でピックアップ!軽井沢のおすすめ別荘

At May 13, 2016

物件を探すとき、どんな情報を見ていますか?単純に坪数や価格、間取り、写真の見た目で選んでしまいがちですが、詳しく見ていくと物件ごとに特徴は様々。地味なんだけどお得な物件もありますし、見た目はいいけど実は難ありな物件もあります。これは本当に物件ごとに様々です。

こちらのページでは、いろんな物件の中からタウナー不動産が特に自信を持っておすすめするイチオシ物件を紹介します。もちろん、予算感や求めているや暮らし方によってぴったりな物件の条件は変わってきますので、一概には言えませんが、初心者目線だとなかなか見えてこない掘り出し物が見つかるかもしれません。ぜひ、最後までご覧頂けると幸いです!

1.築わずか1年の築浅中古戸建。素材に徹底的にこだわった空間(借宿、中古戸建、4550万円、建物40.75坪/土地159.42坪)


借宿中古物件平成27年築。築わずか1年、ほぼ新築の中古物件が出ました。軽井沢に移住を機に建てられたオーナー様が、事情により別の場所に移られることに。今回引き継いでいただける方を探すことになりました。

フローリングは希少な国産のカラマツの無垢材を贅沢に使い、硬くも柔らかい肌触りが魅力。使うごとに味わいが増していきます。浴室の壁はヒノキで心地よい香りが広がる贅沢なバスタイムをどうぞ。和室は書院甲板を設けたデザインで細部にもこだわりが光ります。軽井沢で長らく建築手がけてきた建築会社の戸建物件。ぜひ一度見ていただければと思います。

▼詳細はこちら

https://estate.towner.jp/properties/01h0157/

2.高級別荘地「南ヶ丘」で2000万円以下の土地(南ヶ丘、土地、1980万円、160.93坪)

南ヶ丘土地物件旧軽井沢と肩を並べる高級別荘地「南ヶ丘」で2000万円を切る希少な土地が出ました。場所は18号バイパスから入ってすぐ。落葉樹が生い茂り、アクセス面と軽井沢らしい自然を両立しています。

約160坪の平坦地というのも使いやすいサイズかと思います。これといった弱点がなく、高級別荘地でこういった土地は滅多に出てきません。もちろん定住用地としても。別荘族御用達である大型スーパー「ツルヤ」まで車で5分。周辺にはホームセンターや家電量販店もあり日常生活も問題なしです。

▼詳細はこちら

https://estate.towner.jp/properties/01l0350/

 

3.ひとり浅間山を楽しむための隠れ家(南軽井沢、中古戸建、2850万円、建物14.01坪/土地255.91坪)


南軽井沢中古物件タイトルの通り、強いコンセプトが伝わる1Kのコンパクトな別荘。南軽井沢の扇平別荘地の坂を登れば視界は一気に開け、デッキの正面には浅間山がズドン!あえて少し距離をとった南軽井沢という立地も効き、手前の山とのコントラストまで楽しめます。

リビングからも窓枠が額縁の役割を果たし、一枚の絵画のように切り取られた景色が広がります。

無駄を省いたシンプルな間取りは、すでに別荘をお持ちの方であればセカンドハウスにも。もしくは夫婦2人で暮らす、そんなシチュエーションが浮かびます。建物はまるっと床暖房。壁は軽井沢の湿気にも強い漆喰。快適に暮らせる細かな工夫も嬉しいです。

▼詳細はこちら

https://estate.towner.jp/properties/01h0089/

 

4.森の借景が広がる南庭と使いやすい間取りの平屋(中軽井沢、新築戸建、3480万円、建物28.50坪/土地302.50坪)

中軽井沢新築物件塩沢湖や風越公園からほど近い「小倉の里 別荘地」の新築の戸建物件。まず魅力は、森の雰囲気がありながら定住もできる住環境の良さです。

別荘地内は車の通り抜けができず、オーナーさん達だけが通る静かな環境ですが、雪が降れば除雪が入りますし道も平坦。しかも管理費もゼロです。1年を通して定住を視野に入れることができます。

18帖のLDKに8帖の洋室、間に6帖の和室をはさんだ使いやすい間取り。この和室がまた涼しさを演出しています。その先のウッドデッキへ出れば、南側には森の借景が望めるプライベートな庭つき。欲しい条件が高バランスで揃う物件です。

▼詳細はこちら

https://estate.towner.jp/properties/01h0099/

ここで紹介している物件もそうですし、ウェブではご紹介できないおすすめ物件も数多くあります。何かイメージが湧いた物件があれば、もしくはもっと物件の情報を知りたい方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご連絡下さい。「暮らし方」目線でどういう選び方をすればよいのかを含め、寄り添いながら物件探しのお手伝いをさせていただきます!

Sticky
暮らし方&不動産のプロ目線でピックアップ!軽井沢のおすすめ別荘 はコメントを受け付けていません。
Share

軽井沢はパンのメッカ!別荘族だけでなく地元民にまで愛されるパン屋5選

At May 13, 2016

軽井沢観光といえばハズせないのが「パン屋」。100年以上前から外国人文化が根付いていた軽井沢は、まだ日本に馴染みの薄かった頃からパンが作られていた歴史があります。そのため、現在でもいたるところに老舗パン屋が点在するメッカのような場所なんです。今回は、別荘族だけでなく地元に住む方々の舌をも満足させる軽井沢を代表するパン屋を5つピックアップしてみました!

 

1.別荘族御用達。石窯と薪で焼き上げる伝統の味『ブランジェ 浅野屋』

http://jocee.jp/user/watwr/52c564e4880742cb8692?page=2

http://jocee.jp/user/watwr/52c564e4880742cb8692?page=2

旧軽井沢銀座にある別荘族御用達のパン屋。大きな石窯と薪で焼き上げる伝統の工程で生まれるパンは、こんがり焼けた見た目とふわっとした食感が特徴。オススメは、ラム酒に漬けたレーズンにローストしたアーモンド、クルミをぎっしり詰めた「フルーツライ」。そしてブルーベリーをはじめ季節のフルーツペーストを練り込んだ季節ごとのパン。別荘族の方たちは肉や野菜など、それぞれお気に入りのお店を見つけては、自分だけの組み合わせを楽しんでいるんだそう。肉なら『軽井沢デリカテッセン』のハムやソーセージ。ジャムは『沢屋』が特に人気です。

営業時間:7:00~21:00(夏季)
     9:00〜17:00(冬季)
     8:00〜18:00(その他)
TEL:0267-42-2149
詳細:http://www.b-asanoya.com/

 

2.フランスパンならココ!ジョンレノンも足しげく通った『フランスベーカリー』

http://www.slow-style.com/detail/index_458.html

http://www.slow-style.com/detail/index_458.html

軽井沢でフランスパンならココ! ちょうど浅野屋の真向かい、レトロなグリーンのテントが目印です。創業者は万平ホテルでベーカーチーフを務め、パンが当時日本に馴染む以前から焼き続けてきました。その後、独立し創業。フランスパンは、外はパリッ!中は柔らかめ。開店から60年、3代に渡って受け継がれた正統派の味わいです。ちなみに、あのジョンレノンも大のお気に入りだったとか。万平ホテルで夏を過ごした当時、自転車に乗ってパンを買い出しに来ていたそう。パン袋をカゴにつめこんだ写真が店内に飾られていますよ。

営業時間:8:00~17:00(木曜定休※夏季無休)
TEL:0267-42-2155
詳細:http://www.french-bakery.jp/

 

3.浅野屋と並ぶ人気店。迷ってしまうほどのバリエーション『沢村』

http://www.b-sawamura.com/

http://www.b-sawamura.com/

浅野屋と肩を並べる「軽井沢でパンといえば」の人気店。星野リゾート『ハルニレテラス』に店を構え、夏のみならず一年を通して賑わいます。国内外から集めた20種類もの粉から作られるパンの品揃えは、「コレ!」と言い切るのが難しいほど豊富。あえて挙げるなら、生地に信州ワインを練り込み、ドライフルーツ、ナッツを混ぜた「パン・オ・ヴァン信州」。ワインに合うカンパーニュ。定番クロワッサンが人気です。ちなみにランチやディナーも可能。特にディナーは小皿料理が楽しめるビストロに変身。いろんなシチュエーションで使える心強い存在でもあります。旧軽井沢銀座のロータリーに新店舗もオープンしました!

ハルニレテラス店/7:00~21:00(モーニング、ランチなど休みあり)
TEL:0267-31-0144
旧軽井沢店/7:00~21:00(季節変動あり)
TEL:0267-41-3777
詳細:http://b-sawamura.shop-pro.jp/

 

4.新種素材にこだわったライ麦パン。レトロな雰囲気満点の『一歩ベーカリー』

http://ippo-company.com/

http://ippo-company.com/

江戸の茶屋を思わせるレトロな雰囲気たっぷりのお店。軽井沢の中心から西へ車で15分。追分エリアの名所『追分宿』の一画にあります。特徴は天然酵母にこだわったライ麦パンの種類の豊富さ。ずっしり噛み応えのあるものから柔らかいものまで、中はクルミやかぼちゃの種、17種類の穀物をミックスしたものまで、ここでしか食べられないパンばかりです。ライ麦は小諸で育てた信州産。そしてパン作りに適しているといわれる信州の硬水を使い、味は折り紙付き。1斤丸ごと買って、スライスしてトーストにしたり、はちみつとバターでディップしたり、色々試してみるのがオススメの食べ方。店員さんも気さくでいろいろアドバイスしてくれますよ。

営業時間:10:00〜17:00(水・木定休)
TEL:0267-41-6511
詳細:http://ippo-company.com/

 

5.地元密着の隠れ家的パン屋。モダンな内装でカフェとしてもオススメ『haluta』

http://www.haluta.jp/shop/

http://www.haluta.jp/shop/

中軽井沢駅から徒歩2分。観光というより地元の人が足しげく通うパン屋。築150年の建物をリノベーションし、木々に馴染むブルーグレーの外観とモダンな内装は都会のカフェのような雰囲気。実施に中はカフェスペース併設。パンを買うだけでなく、コーヒーもセットで注文しゆったりモーニング、そんな使い方はいかがでしょう。人気はドライフルーツのたっぷりつまった「フルクト」。カシューナッツやクルミ、ピスタチオ、ひまわりの種を混ぜた「このみ」。木の素材を活かした空間と薪ストーブで軽井沢らしいひとときを演出してくれます。本当にさりげない外観で最初は通り過ぎてしまうかもしれません。でもこうしたひっそりとした居場所があるのは僕にとってはありがたいんです。

営業時間:9:00~17:00(火曜定休)
TEL:0267-31-0841
詳細:http://www.haluta.jp/

 

軽井沢観光に来たら外せない名店から、地元で愛されるお店まで「軽井沢を代表する」と思うパン屋をセレクトしてみました。また軽井沢は肉や野菜など、美味しい食材がたくさんあるので、パンに乗せたり挟んだり、自分だけの組み合わせを追求できる楽しみもありますね。パン屋は実はまだまだたくさんあります。今度は「雑誌に載らない隠れパン屋」の記事も作ろうと考えています。 

◎最新情報はFacebookページでも配信中です!
▼『軽井沢暮らし通信社』
https://www.facebook.com/karuizawa.kurashi.news/

Sticky
軽井沢はパンのメッカ!別荘族だけでなく地元民にまで愛されるパン屋5選 はコメントを受け付けていません。
Share

軽井沢が「屋根のない病院」と呼ばれる理由

At May 13, 2016

軽井沢 緑

避暑地である軽井沢は、別名「屋根のない病院」という呼び名があります。標高は約1000m。8月でも平均気温は20.5℃と東京と比べて5.5℃も低い。夏でも涼しく、別荘地特有のたっぷりの緑も出迎えてくれる。何日か滞在している間に「体が驚くほどスッキリした」そんな経験のある人も多いのではないでしょうか?

でもいつからこの呼び名が定着したのでしょう?それは過去の2つのエピソードが関係しています。

 

2つのエピソードとは?

一つは、軽井沢を世界に広めた第一人者、カナダ人宣教師のA.C ショーがこう呼んだのがきっかけ。

1886年にキリスト教の布教と、自身のリウマチ療養のため初めて軽井沢を訪れます。本当に偶然、東京のうだるような暑さから逃れるため旅をしていたら行き着いたそう。たっぷりの緑と涼しい空気、そして広がる景色……祖国スコットランドに似ていたことも大きく、すっかりリフレッシュしたようです。以降、旧軽井沢の大塚山に生涯の別荘を建てることになります。

これを機に軽井沢は世界に広まるわけですが、それまでさびれた宿場町でしかなかったこの場所を、避暑地として発掘してくれた功績は大きいですよね。

 

もう一つは、かつて結核の療養所があったこと。

場所は万平ホテルの裏手から矢ヶ崎川に沿って広がる一帯です。時期は1920年頃。当時の結核は不治の病。療養のため全国の結核患者を軽井沢に集めていたと言われています。

戦前に『軽井沢避暑団』という別荘族の自治組織が設立され、そこが運営する病院にイギリス人のマンローという医師が招かれ医療に尽力したエピソードが残されています。

今はもう跡地となってしまいましたが、通りは『サナトリウムレーン』という小さな観光名所として残り今でも訪れることができます。

「軽井沢に来れば病気が完治する」という医学的な根拠はありません。それでもこの2つのエピソードは、軽井沢が癒しを与える特別な場所だということを示していると思います。

 

ちなみに、作家の堀辰雄も妻とともに結核を患い療養所で過ごし、著作『風立ちぬ』の中でも妻との闘病シーンが描かれています。治ることはなく48歳でこの世を去りますが、その間に多くの作品を残したことを考えると、軽井沢で過ごした時間はきっと特別なものだったのではないでしょうか。

Sticky
軽井沢が「屋根のない病院」と呼ばれる理由 はコメントを受け付けていません。
Share

夏の大渋滞を回避!軽井沢観光は自転車でスイスイ

At May 13, 2016

「絶望的!」なハイシーズンの渋滞

夏やゴールデンウィークの軽井沢は混み合うことは必至のハイシーズン! 遠くからドライブでやってきたはいいものの、街中は大渋滞……ちっとも進まなくてイライラした経験のある人も多いのではないでしょうか?

そこで、軽井沢観光にはレンタサイクルを利用する方法がおすすめです。私は軽井沢に住んでいますが、自転車のありがたみをこれでもかと実感しています。

自転車なら渋滞知らず!車をよそにスイスイ

自転車のメリットは何といっても車の渋滞と無縁なこと。ちっとも進まない車を横目にスイスイ!せっかくの軽井沢観光、時間を効率よく使ってたくさんのスポットを回りたいですよね。

JR「軽井沢」駅を降りれば、レンタサイクルのお店がたくさん並んでいます。車種にもよりますが、だいたい1時間500円、1日2000円くらいが相場。

特に駅から旧軽井沢銀座にかけて、人気スポットが集結するこのエリアで威力を発揮します。お店を一つずつ巡るときも、渋滞を避けられるのはもちろん、駐車場の心配をする必要もなし。

車なら、コインパーキングに停めるとしても空きを探すのは一苦労ですよね。停める場所を探してあっちへこっちへ、なんていうくらいならサクッと自転車で乗り付けて楽しみの時間に充ててしまうのがオススメです。

距離も実際はそこまで遠くなく、駅から旧軽井沢銀座まで15分もあれば着きます。別荘地の空気も肌で感じられますし、風を切るのはとっても気持ちいいですよ。

もちろん、行動範囲は車に比べると狭くはなります。「中軽井沢方面も」ということであれば、ちょっと大変かも。

もしこちらも回るなら、自転車をいったん駅で返却して電車で向かい、中軽井沢駅でまた借りる方法がいいでしょう。これなら千ヶ滝エリアのハルニレテラスやトンボの湯も楽しめます。行きはちょっと登り坂なんですけど、登れないほどではありません。

http://4travel.jp/travelogue/10689802

http://4travel.jp/travelogue/10689802

軽井沢では2人で漕ぐ「タンデム自転車」も人気。カップルの方はこちらも楽しんでみてはいかがですか?

自転車移動なら軽井沢までもいっそ電車で来てしまった方がベターかもしれません。途中の渋滞の心配もありませんし、車の置き場を探す必要もありません。東京からなら新幹線でわずか1時間15分の距離。軽井沢の夏は「電車+自転車」で攻略しちゃいましょう!

Sticky
夏の大渋滞を回避!軽井沢観光は自転車でスイスイ はコメントを受け付けていません。
Share

地方暮らしの“日常”を存分に味わえる、宿泊体験型の別荘『class vesso 西軽井沢』が4月オープン!

At May 13, 2016
http://www.sinshuu.co.jp/co_navi/article/QUq20160227104933-357.html

http://www.sinshuu.co.jp/co_navi/article/QUq20160227104933-357.html

都会にはない豊かな自然に囲まれた場所に”日常”を過ごせるもう一つの生活拠点を持つ。暮らし方や働き方の多様性が語られることが多くなってきた昨今、そんな都市と地方を行き来するライフスタイルを目指す人が少しずつ増えています。

とはいえ、そのためにセカンドハウスを構える、となるとなかなかハードルが高いのも事実。ホテルやペンションもいいけど、その地ならではの”暮らし”を楽しみたい。それももっと気軽に、という方のための体験型別荘『class vesso(クラス ベッソ) 西軽井沢』が、2016年4月23日にオープンします!

場所は、軽井沢のとなりの御代田町。浅間山の南麓に広がる自然あふれるこのエリアに全6棟の別荘が建ち並びます。

6棟の別荘はそれぞれ異なったテーマで建てられています。「nR(自給自足を考える家)」、「LIVE FREE(空気をデザインする家)」、「FOUND JAPAN(日本文化を体感する家)」、「WORKS(ノマドワーカーの家)」、「CAMP(ベースキャンプの家)」、「VOICE(週末リゾートの家)」と、どれもひと捻りありそうなものばかり。

class-vesso-0023487

近隣には“日常”を彩るこだわりのお店が点在しています。歩いて行ける距離にあるのが、手作りハム・ソーセージのお店「カタヤマ肉店」。厳選された精肉・加工肉、そしてこだわりのワインが並びます。同じく歩いてすぐの、「Bakery Cafe Cocorade」ではこだわりのパンを、浅間山とその裾野を一望できるテラスで楽しめます。軽井沢ではおなじみのスーパーツルヤも御代田店がすぐそばに。少し西に車を走らせれば、小諸市・東御市でワイナリー巡りも気軽に楽しめます。

ちなみに薪ストーブに憧れを持っている方も多いですが、お話を伺うとそれも体験可能とのこと。これはもう別荘ライフをそのまま楽しんでもらおう!ということなんでしょう。

4月下旬には公式サイトも公開され予約開始予定。今後は、薪ストーブやDIY体験、菜園作りなどのイベントも展開していく予定とのこと。

二地域居住や軽井沢への移住を検討されている方にとって、“日常”をお試しで体験する手段はあまりありませんでしたが、class vesso 西軽井沢であればそれが可能です。予約がスタートしたら暮らし通信社でも体験レポートを書こうと思います!

◎最新情報はFacebookページでも配信中です!
▼『軽井沢暮らし通信社』
https://www.facebook.com/karuizawa.kurashi.news/

Sticky
地方暮らしの“日常”を存分に味わえる、宿泊体験型の別荘『class vesso 西軽井沢』が4月オープン! はコメントを受け付けていません。
Share

信州サーモンの隠れた名店。軽井沢の別荘族が愛して止まない『ムーラン・ド・ラ・ヴァレー』

At May 13, 2016

暑さから開放され、都会の喧騒を忘れさせてくれる軽井沢。緑の中の散歩は観光の醍醐味ですが、もうひとつの大きな楽しみといえばお土産選び。「何を買って帰ろう」。帰りにそんな風に選ぶ時間はハズせない。軽井沢はお土産のバリエーションが本当に豊富で、「沢屋」のジャムや、「浅野屋」のパンなどが代表的。しかしここはあえて変化球で。普通のお土産候補には出てこない、別荘族が密かに愛する「ムーラン・ド・ラ・ヴァレー」のスモークサーモンをご紹介します。

信州サーモンにこだわった一品。濃厚な甘みとさっぱりした口当たりのバランスは新鮮

信州サーモンにこだわった一品。濃厚な甘みとさっぱりした口当たりのバランスは新鮮

場所は軽井沢の町のはずれ。バイパスから小道を折れた先。一目ではわからないほど小さな門構えで、初めて観光に来た人はまず見つけることができないお店。しかし、ここにツウの舌を唸らせる絶品スモークサーモンがあるんです。使う品種は、ニジマスとブラウントラウトを交配させた「信州サーモン」。濃厚な甘みにキメの細かな肉、そしてさっぱりとした口当たりのギャップが特徴的。これがまた絶妙のバランスで、とにかく日本人なら誰でも「ウマい!」と感じてしまう味。

それを、ナラのスモークチップを使い6日間かけて燻製。香りを身の深くまで浸透させるため、あえて長い時間をかけじっくりじっくりと……。昔ながらの手仕事にこだわりこれだけの日数をかけるということで、効率だけを考えたら決していい方法ではないかもしれません。しかし納得できる味を出すために頑なにこのルールを守っているそう。毎日の気温や湿度の変化に気を配りながらやるので、その工程はかなり繊細でハードなはず。

それを1週間かけて冷燻製。じっくり時間をかけて香りを深くまで浸透させる

それを1週間かけて冷燻製。じっくり時間をかけて香りを深くまで浸透させる

そうして出来上がったスモークサーモン。オススメの食べ方はズバリ「そのまま」。このスモークサーモン、とにかくお酒に合いすぎる!肴として絶品で、別荘族の中には軽井沢に来たら真っ先にここに寄る人もいるほど。そしてワインやお気入りの酒を買いこんで、ゆっくり別荘で楽しむ。それはもう至福のひとときでしょう。

もちろんお土産にもOK。旅のみやげ話も肴に加えて、友達同士でワイワイやるのは楽しそう。普通のおつまみではまず見かけない、思わぬ変化球にテンションも上がるはず。他では、オリーブやタマネギなど野菜とのマリネがオススメ。ディナーのメニューに添えればテーブルも華やかに。またサーモンはいろんな食材と合わせやすいので、アレンジして一品料理にするのもアリ。

「もともとコックとして働いていたのですが、軽井沢でたままたここのスモークサーモンを食べたんです。そしたら美味しいのなんのって。そのときはおばあさんが一人でやっていて、聞くともうすぐ店を閉めると言うんです。この味が途絶えるのはもったいなさすぎる、そう感じて店を引き継がせてくれないかとお願いしました。今考えると、ふらっと入っただけなのにけっこう運命的な出会いでしたね(笑)」

そう話すオーナーの近藤さんは、まだ40代ながらたしかな腕でこの味をしっかり受け継いでいます。軽井沢の気候や環境に合わせたサーモンを提供するため、今も試行錯誤しながら作り方や味を研究し続けているという。

バイパス横でひっそりと。裏は燻製工房になっていて新鮮なサーモンが店頭に並ぶ

バイパス横でひっそりと。裏は燻製工房になっていて新鮮なサーモンが店頭に並ぶ

最近テレビに取材されたこともあり、これから注目度は高まっていきそう。昔からのコアなファンは、少し寂しい気もするかもしれませんが美味しんだから仕方ない。新しいお土産の候補として挙がってくるのは時間の問題かもしれませんよ。

 

『ムーラン・ド・ラ・ヴァレー』

住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉859-1 レストランシャレー裏コテージ1
アクセス:軽井沢駅から車で約10分、中軽井沢駅より徒歩20分
電話番号:0267-31-0546
営業時間:10:00〜19:00
定休日:不定休
詳細:http://karuizawa-kunsei.jimdo.com/

estate-towner-mail-banner-small『軽井沢最新情報メルマガ』始めました!
▼ご登録はこちら
https://goo.gl/rsZ2JY

◎軽井沢の暮らしに関する情報はFacebookページでも配信中です!
▼『タウナー不動産Facebook』
https://www.facebook.com/townerestatekaruizawa/[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

 

Sticky
信州サーモンの隠れた名店。軽井沢の別荘族が愛して止まない『ムーラン・ド・ラ・ヴァレー』 はコメントを受け付けていません。
Share