軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

Daily Archives 2016年3月1日

【軽井沢の別荘地】南ヶ丘の魅力 – 旧軽井沢に次ぐブランド別荘地。並木道の続く爽やかな雰囲気

At Mar 01, 2016

南ヶ丘別荘地

軽井沢駅周辺と中軽井沢のちょうど真ん中。2つを結ぶ国道18号とその南側に走る18号バイパスの間に位置する緑豊かな別荘地です。

軽井沢の中でも由緒ある歴史を誇り、旧軽井沢に次ぐブランドエリア。 かつての富裕層たちが、「旧軽井沢とは違う新しい別荘地を作ろう」と出資して生まれたのがここ南ヶ丘。ここにある名門「軽井沢ゴルフ倶楽部」の会員になることは今でも最高のステータスとされ、歴代の会員には歴史の教科書に出てくるような財界人らも名を連ねています。

別荘地は緑豊かな環境で、土地もゆったりと区画分けされ、四季によって様々な表情を変える木々の間にそれらと調和の取れたこだわりのある別荘が立ち並びます。別荘地内の道は舗装された道路も多く、平坦地で広がっているためアクセスも容易です。軽井沢駅や国道からもほど近く、別荘だけでなく定住することもできる利便性も持っています。

別荘地内には、大手企業の保養所や研修施設も点在し、夏のハイシーズンでは避暑で訪れる別荘族で賑わいを見せます。近くには「晴山ゴルフ場」やプリンス通り沿いに立ち並ぶ飲食店、バイパスを使えば大型スーパー「ツルヤ」へも容易にアクセス可能です。

>> 南ヶ丘・南原エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】南ヶ丘の魅力 – 旧軽井沢に次ぐブランド別荘地。並木道の続く爽やかな雰囲気 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】塩沢の魅力 – 風越公園に塩沢湖タリアセンの存在。スポーツも散策も楽しめる

At Mar 01, 2016

塩沢エリア

中軽井沢の南、18号バイパス「塩沢」の交差点をそのまま南に進んだ先。塩沢湖の周辺に広がる開放感あるエリアです。

このエリアの特徴は、大型スポーツ施設「風越公園」の存在。テニスコートに野球場、サッカーグラウンドのみならず、屋外アイスリンクに、フィギュア用リンク、そしてカーリング場まで完備。日本中探してもこれだけ設備の充実した環境はそうそうありません。アクティブに軽井沢を満喫したい人にとってはこれ以上ない場所。この環境を求め移住してくる親子も珍しくありません。

周辺に目を向けると塩沢湖には複合施設「タリアセン」があり、美術館を楽しんだり、イングリッシュローズガーデンでの散策も楽しめます。

夏のハイシーズンでも、混雑する国道18号やプリンス通りを避け、軽井沢ICからアクセスできます。別荘として使う場合も、夏のみならず週末ごとに使えるセカンドハウスの拠点にもいいかもしれません。

>> 中軽井沢エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】塩沢の魅力 – 風越公園に塩沢湖タリアセンの存在。スポーツも散策も楽しめる はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】千ヶ滝中区の魅力 – 定住もできる別荘地。温泉や観光スポットも近接

At Mar 01, 2016

千ヶ滝東区

場所は中軽井沢の北側。しなの鉄道「中軽井沢」駅から車で5分ほど登った先。ここ「中区」は、千ヶ滝別荘地の真ん中。エリア内は西区、東区、山手区と細かく分かれていますが、それらのちょうど中心。国道146号を境に東西にまたがっています。

千ヶ滝エリアを開発した西武グループの創業者、堤康次郎も、まずここ中区から開発したと言われ最も歴史のある場所です。特徴は、千ヶ滝の他エリアに比べて比較的平坦な区画が多いこと。146号に近いこともあり、アクセスが良く定住しやすい場所として人気です。もちろん別荘地としてもおすすめで、落葉樹の雰囲気は良く、近くを流れる湯川のせせらぎに耳をすませ散策が楽しめます。

周辺には星野リゾートが手がける「ハルニレテラス」や「トンボの湯」がありますが、これらが徒歩圏内という区画も。ランチやディナーで軽井沢のグルメを堪能しそのまま温泉へ、というのもいいですね。他にも千ヶ滝温泉、塩壺温泉、セゾン現代美術館など注目スポットも集まります。

>> 千ヶ滝エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】千ヶ滝中区の魅力 – 定住もできる別荘地。温泉や観光スポットも近接 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】千ヶ滝西区の魅力 – 軽井沢最大の別荘地。整った区画と緩傾斜地ゆえの開放感

At Mar 01, 2016

千ヶ滝 別荘

場所は中軽井沢の北側。中軽井沢駅から国道146号を車で5分ほど登った先にある千ヶ滝別荘地「西区」。

大正時代に西武グループの創業者、堤康次郎によって開発され、約5,200もの区画数を誇る軽井沢最大の別荘地。その中に「からまつの森」や、「あさまテラス」、「せせらぎの里」など複数のエリアを有します。道は整備され、碁盤の目のように綺麗に区画分けされた敷地はゆったり広め。管理別荘地なので除雪等の道路整備も行き届きます。

エリアは緩傾斜地がほとんどを占めます。浅間山を背に傾斜するため、南に開放感の持てる区画が多数。区画によっては南の山々や北の浅間山を一望できるところも。凛とした空気が特徴的で、別荘地として選ばれることが多いですが、中には定住に適してる場所もあります。

2014年にはここにインターナショナルスクール「ISAK」も開校。周辺スポットを見ても、星野リゾート「ハルニレテラス」や「トンボの湯」など、見どころがたくさんです。

>> 千ヶ滝エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】千ヶ滝西区の魅力 – 軽井沢最大の別荘地。整った区画と緩傾斜地ゆえの開放感 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】レイクニュータウンの魅力 – レマン湖を囲む開放感溢れるエリア。管理体制も十分

At Mar 01, 2016

レイクニュータウン 軽井沢

軽井沢の南側エリア。軽井沢駅からちょうど真南に位置します。軽井沢ICからは車で10分ほどの場所にあります。

別荘地には「レイクガーデン」という湖を中心に色鮮やかな花々が咲き誇る庭園があります。バラのシーズンには美しいローズガーデンも楽しめます。別荘地はレイクガーデン周辺の平坦地と南側に広がる傾斜地に分かれています。開放的あるいはプライベ−ト感を味わうために傾斜地を選ぶ方や、アクセスの良さや庭を楽しむために平坦地を選ぶ方もいます。

管理事体制には定評があり、管理費こそかかりますが、除雪などの道路管理、ゴミステーションの設置、巡回などサービスの満足度は高いです。

バブル期に三越があったほど大きく盛り上がり、その後影を潜め廃墟のホテルもあった別荘地ですが、現在はそれも取り壊され、「レイクガーデン」を中心に新しく生まれ変わろうとしています。今度どう変化していくか楽しみな別荘地の一つです。

>> 南軽井沢エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】レイクニュータウンの魅力 – レマン湖を囲む開放感溢れるエリア。管理体制も十分 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】離山の魅力 – 自然公園内で静かでゆとりある環境。離山のハイキングも楽しめる

At Mar 01, 2016

旧軽井沢 離山

軽井沢駅から北西に車を走らせ7.8分ほど。軽井沢を東西に結ぶ国道18号線から分岐し、中軽井沢方面から旧軽井沢へのびる「離山通り」の北側、裏手にそびえる離山の麓のエリアです。

離山エリア「離山別荘地」は、自然公園内にあるため開発時の規制が厳しく、ゆとりを持たせた区画が多いのが特徴。総区画数も60ほど。傾斜地がメインですが、敷地を贅沢に使い大きなウッドデッキや庭を設けた別荘が目立ちます。また、別荘地内の道は通り道ではなく、使うのは別荘の所有者くらいと非常に静かな環境。気になる利便性ですが、麓の離山通りは近く車で2,3分で下りることができるので不安は少ないでしょう。

別荘地内の道を登ると離山の登山道につながります。頂上へは1時間ほど。ちょうどいい距離で人気のハイキングコースとなっています。ちなみに離山の頂上から見る浅間山は絶景。一度登ってみてください。

>> 旧軽井沢エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】離山の魅力 – 自然公園内で静かでゆとりある環境。離山のハイキングも楽しめる はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】大日向の魅力 – 南傾斜で日当たり◎ 保育園や小学校も徒歩圏内

At Mar 01, 2016

追分r土地物件

軽井沢の西側の追分と、中軽井沢の間。国道18号の北側に位置する「大日向」エリア。軽井沢は湿気が多いというイメージがありますがここはまるで別。カラッとした気候と日当りが気持ち良い場所です。

日当たりのいい理由は、北の浅間山からゆるやかに流れる南傾斜の地形によるもの。土地の区画は小さく、家が建ち並び、また軽井沢では数少ない下水道が整備されているのも特徴です。徒歩圏内には西保育園、西部小学校があり、子育てを考えても魅力的な環境。定住向けともいえますが、将来移住も視野に入れた別荘用地として選ばれることも多いです。

ちなみに大日向エリアには、昭和天皇が御製を発表された感激を伝える碑である「御巡幸記念碑」もあり、毎年夏に、天皇皇后両陛下が御静養で御来軽される際に立ち寄る場所でも知られています。

>> 追分エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】大日向の魅力 – 南傾斜で日当たり◎ 保育園や小学校も徒歩圏内 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】三笠パークの魅力 – 傾斜地特有の眺めとプライベート感。手頃な相場も魅力

At Mar 01, 2016

軽井沢 三笠パーク

旧軽井沢銀座から、「三笠通り」を北に車を走らせること2,3分。通りの西側の小山にたたずむ別荘地が「三笠パーク」です。

旧軽井沢エリアに位置し、山を切り開いた別荘地で傾斜地がほとんどを占めます。中には眼下に旧軽井沢ゴルフクラブ、軽井沢の街並み、その先の南アルプスまで一望できる絶景区画もある。絶景区画でなくても木々に覆われ、開放感のある景色を楽しめるのが特徴。平坦地と違いプライベート感は抜群です。道路も坂が多いですが、雪が降った際の除雪サービスも充実しています。

別荘地へ続く三笠通りは、かつて「旧草軽電鉄」の線路が通っていた名残を残し、分離帯の両脇に、並木道が数キロに及び続きます。ここを歩けば、忙しい日常を離れ軽井沢に来たことを実感できるはず。そのまま北へ進めば、旧三笠ホテルに旧スイス公民館といった名所も。旧軽井沢銀座の賑わいから少し離れ、静かな散策が楽しめます。

>> 旧軽井沢エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】三笠パークの魅力 – 傾斜地特有の眺めとプライベート感。手頃な相場も魅力 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】前沢の魅力 – 別荘地の雰囲気はありながら、駅、スーパー、学校が徒歩圏内という利便性の高さが魅力

At Mar 01, 2016

前沢 軽井沢

中軽井沢中心部少し東側。ちょうど軽井沢中学校の南側にある小規模なエリアが「前沢」です。

中軽井沢駅や小学校、中学校にも近く、買い物に便利なスーパー「ツルヤ」やホームセンター、軽井沢病院まで歩いていける。非常に利便性に優れているため、定住地として選ばれることが多い場所です。ただし、隣地はすぐに別荘地の南原ということもあり、軽井沢らしさは損なっておらず、別荘地のような雰囲気が残っている場所も多いです。

国道から1本入っているため、夏のハイシーズンでも裏道を使い渋滞を回避することも簡単です。カフェやレストランなども点在し、利便性も兼ね備えながらゆったりと過ごすのに適した環境です。

>> 中軽井沢エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】前沢の魅力 – 別荘地の雰囲気はありながら、駅、スーパー、学校が徒歩圏内という利便性の高さが魅力 はコメントを受け付けていません。
Share

【軽井沢の別荘地】南原の魅力 – 南ヶ丘と近い雰囲気を持つエリア。「塩沢通り」ではビストロが軒を連ねる

At Mar 01, 2016

南原別荘地

軽井沢駅周辺と中軽井沢のちょうど真ん中。2つを結ぶ国道18号とその南側に走る18号バイパスの間に位置する別荘地。

軽井沢の高級別荘地「南ヶ丘」とはちょうど隣合っている別荘地で、雰囲気がとても似ています。平坦な地形に美しい並木道、そして緑に切り取られた爽やかな青空が印象的。昭和初期に、学者や文化人らが「南原会」という文化村をここに設立したのが別荘地の始まり。自然を守る「南原宣言」という独自の決まりがあり、あえて未舗装のまま残している道路が多いです。現在も任意でこの会に参加することもできます。

エリア内を南北に走る「塩沢通り」は、通称「グルメロード」としても有名。別荘族御用達のフレンチやイタリアン等のレストランが立ち並びます。かつてジョン•レノンも御用達だった「離山房」もここにあります。

>> 南ヶ丘・南原エリアの別荘、移住・定住向け物件はこちら

Sticky
【軽井沢の別荘地】南原の魅力 – 南ヶ丘と近い雰囲気を持つエリア。「塩沢通り」ではビストロが軒を連ねる はコメントを受け付けていません。
Share
1 / 3123