軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

Daily Archives 2015年12月21日

薪ストーブでもファンヒーターでもない!ペレットストーブって?

At Dec 21, 2015
http://u0u0.net/pYdt

http://u0u0.net/pYdt

ペレットストーブとは薪や灯油でなはく、「ペレット」と呼ばれる、木材を粉々にし圧縮した固形燃料を使用するストーブのこと。薪ストーブと同じく燃やす素材は100%木材。クリーンな排気が特徴でバイオマス燃料とも呼ばれています。

何より大きなメリットは、薪ストーブより安価に導入できること。見た目はほとんど同じですが後ほどご紹介するように、本体と給排気口、工事費を含めてもトータルで40万円ほど。FFファンヒーターや、石油ストーブに比べるとお値段は張りますが、薪ストーブに比べればかなりのお得。「せっかくの軽井沢だし、ファンヒーターじゃ雰囲気がモノ足りない。でも薪ストーブは高いし……」そんな時にマッチするのではないかと思います。

 

◆どんなタイプがある?

 ペレットストーブには大きく「FF式」と「煙突式」の2種類があります。

① FF式
・特徴:電気ファンを回し自動で給排気する
・導入コスト:本体20万円〜、工事費 10〜20万円
・ランニングコスト(1ヵ月): ペレット代:1万5千円(1日10時間、12帖)+電気代:約800円

② 煙突式
・特徴:構造はシンプル、電気を使わない、煙突の設置費がかかる
・導入コスト:本体20万円〜、工事費 約100万円
・ランニングコスト(1ヵ月):ペレット代:1万5千円(1日10時間、12帖) ※電気代は0円!

 

まずFF式から見ていきましょう。現在の主流はほとんどコレです。薪ストーブとは違い、ペレットストーブは基本的に大きな煙突を必要としません。FFファンヒーターと同じように壁に給排気口を開け、電気ファンによって外の空気を取り込むと同時に排気を行います。換気も必要ありません。

最初にご紹介したように、導入コストはトータルで40万円ほど。薪ストーブが100万円を超えてくることを考えると、かなりお得。着火に送風、温度調整まで電気を使うので操作も簡単です。ランニングコストのメインはペレットで、月に1万5千円ほど。デメリットがあるとすれば、電気系統の関係で薪ストーブより内部構造が複雑で、掃除やメンテナンスが高額になりやすいことでしょうか。

煙突式は、仕組みは薪ストーブとほぼ同じ。電気系統がない分構造はシンプル、停電時にも使えるというメリットはありますが、煙突の設置はかなり高額に。「以前薪ストーブを使っていて、ペレット式に変えたい」とったケース以外、あまり見かけません。初めての導入ならまずはFF式がいいかなと思います。

 

◆「全木ペレット」と「ホワイトペレット」

perrett2

このペレット、素材は「全木ペレット」と呼ばれる通常タイプと、樹皮を除き芯だけを使った「ホワイトペレット」の2種類。先ほどの1万5千円は全木ペレット使用時のコスト。値段は10kg 500円ほど。1時間で約1kgを消費。冬場、1日10時間使うとして30日で1万5千円という計算です。

ホワイトペレットなら10kgで約600円とやや割高ですが、ほとんど灰を出さないため掃除の手間がかかりません。排気もよりクリーン。ペレットはホームセンターやネット販売、もしくは自治体の組合と契約して仕入れることができます。樹皮だけを用いた「バークペレット」というものもありますが、灰を多く出すためか今はあまり使われていません。

ちなみにここだけの話ですが、長野県産の全木ペレットは市販のホワイトペレットより性能が高いとのこと。他の県からもわざわざ買いに来る人もいるほど。軽井沢は恵まれていますね。

薪ストーブに負けない雰囲気を持つペレットストーブ。トータル40万円なら少し手が届きそうな気もしてきました。ファンヒーターは趣がないけど、かといって薪ストーブは高価。そう思っている方にぴったりの選択肢なのではないでしょうか。

◎最新情報はFacebookページでも配信中です!
▼『軽井沢暮らし通信社』
https://www.facebook.com/karuizawa.kurashi.news/

Sticky
薪ストーブでもファンヒーターでもない!ペレットストーブって? はコメントを受け付けていません。
Share

落ち葉の多い軽井沢、屋根に溜まったまま放っておくと大変なことに?

At Dec 21, 2015

estate-towner-mail-banner-small『軽井沢最新情報メルマガ』始めました!
▼ご登録はこちら
https://goo.gl/forms/eY8bt93xLsdXrEAy2

すっかり冬の軽井沢。葉も完全に落ち切り、別荘地のあちこちで落ち葉掃除をしている方を見かけます。今回は「屋根」の落ち葉掃除について。ちなみに地面の落ち葉の方は昆虫が越冬するにはうってつけの場所。こちらも当然掃除は必要ですが、屋根は屋根でまったく別の理由が。重要度もより高めなんです。

 

湿った落ち葉が屋根を痛める

理由は、溜まった落ち葉が湿ると屋根を傷めるから。雨や雪が降ると、落ち葉が水気を吸って屋根をサビさせる原因になります。ガルバリウムやスレートなど滑り落ちやすい素材のものでも、一度湿った落ち葉はくっついてなかなか落ちてきません。

特に軽井沢は、針葉樹の「カラマツ」が多く、葉のトゲが屋根を傷つけてしまいやすい環境。傷に水が浸みるとそれだけ劣化も進行してしまいます。もみじなどの落葉樹であればこのあたりはまだマシなのかもしれませんが……他にも雨樋に溜まって雨が流れなかったりといったトラブルも。

yane

屋根は家の中でも壊れてはいけない大切な存在。修理や交換となると100万円単位のお金もかかってしまいます。メンテナンスにはしっかり気を配りましょう。

 

個人でやるのは危険!業者にお願いしよう

とはいえこれ、個人でやるのは危険なので絶対にしてはいけません。業者に頼むようにしましょう。2階の窓から手が届くところは、パパッとほうきで履いてしまえばいいですが、屋根作業は落ちたら大ケガをしてしまいます。屋根は想像以上に滑り、業者の方でも転落してケガをしたという話もよく聞きます……それくらい危ない。

料金は屋根の形状、大きさ、高さによってさまざまです。一概にいくらとは言い切れませんが、もしお悩みの方がいらっしゃれば一度ご相談いただけたらと思います。

◎最新情報はFacebookページでも配信中です!
▼『軽井沢暮らし通信社』
https://www.facebook.com/karuizawa.kurashi.news/

Sticky
落ち葉の多い軽井沢、屋根に溜まったまま放っておくと大変なことに? はコメントを受け付けていません。
Share