軽井沢の別荘から移住・定住まで、 暮らし方・過ごし方からご紹介

営業日時 : 10:00〜18:00 (定休日:水曜日)

電話 : 0267-41-6841

メール : info_estate@hitokara.co.jp

Daily Archives 2015年12月14日

現地編集者が体感!軽井沢の冬の魅力4つ

At Dec 14, 2015

estate-towner-mail-banner-small『軽井沢最新情報メルマガ』始めました!
▼ご登録はこちら
https://goo.gl/forms/eY8bt93xLsdXrEAy2

夏の別荘地のイメージの強い軽井沢ですが、実は冬も魅力たっぷりというのはご存知でしょうか?今回は「軽井沢の冬ってどんなところ?」をテーマに、移住して体験した初めての冬をご紹介します!ときにマイナス15℃を記録し、都会では感じたことのない寒さだってその一つ。暮らす上で気をつけることは確かにありますが、ここでは魅力にフォーカスしてみました。

 

1 静寂な銀世界と「霧氷」。標高1000mの高地ならでは!

軽井沢 冬

これだけの寒さ。ひとたび雪が降ればなかなか溶けてくれません。でもこれが逆にいい! 別荘地の木々や道にしっとり覆い被さる雪。キリッとした空気、シーンと静まり返る銀世界に、響くのは雪を踏みしめる自分の足音だけ。

そして軽井沢ならでは、木々を染める「霧氷」。枝に絡まった水分がいっせいに凍り、場所によっては桜のように広がるところも。写真は名所「雲場池」。日が昇ると溶けてしまうこともあるので、「朝」の時間帯がおすすめ。発生条件は「前日に曇りもしくは雨」「次の日が氷点下」が重なること。霧が出ていれば確率はさらに高まります。写真を撮るなら前日から準備しておきましょう。

アウトレット横のスキー場をはじめ、各地のゲレンデも続々オープン。スキーにスノボ!もいいですが、暮らしの中で味わう、染み入るような幻想的な雪景色こそ軽井沢の本来の魅力なんじゃないかと感じます。

 

2 浅間山が一年で一番キレイに見える

軽井沢 冬

軽井沢を見守るように北にそびえる浅間山。軽井沢では知らない人はいないほどの存在感で、夏の深緑に秋の紅葉と季節ごとに様々な表情を見せてくれますが、僕が一番美しいと思うのは雪化粧した姿。本格的に降れば山頂から麓にかけて流れるように白いベールが広がります。荒々しい姿のこの山もこの時ばかりはため息が出るほどの光景に。「初冠雪」は毎年軽井沢でニュースとなります。ちなみに「浅間に3回雪が降ると軽井沢にも降る」と言われています。これは別荘からの一枚。こんな姿が見られるなら冬の別荘ライフも悪くないかも。

 

3 夜空には無数の星!星!星!

軽井沢 冬

出典:
http://photohito.com/photo/3926222/

軽井沢は標高1000mに位置する高地。なので夜は星が都会に比べてクリアに見えるのですが、空気が澄んでいる冬はさらにハッキリと確認できます。夏に初めて訪れたとき、そのボリュームに感動したものですが、冬はちょっとその比じゃないです。仕事を終えて外に出てみると上空に輝くのは無数の星…..疲れも吹っ飛びます。軽井沢なら基本的にどこからでも楽しめますが、近場でスポットを挙げるとすれば「鬼押出し」がおすすめ。標高約1200m。軽井沢駅からは車で30分ほど。この写真は「鬼押出しハイウェイ」から取られたワンショット。星空の下、ロマンチックなドライブを!

 

4 ロマンチックなイベントも町内各地で開催

http://www.hoshino-area.jp/karuizawachurch/backnumber/2014/11/01_1704.shtml

出典:http://www.hoshino-area.jp/karuizawachurch/backnumber/2014/11/01_1704.shtml

冬はイルミネーションを中心に各地でイベントが開催。おすすめは「軽井沢高原教会 キャンドルナイト」。幻想的にライトアップされた教会、外の回廊を埋め尽くす無数のランタン、響き渡る聖歌隊の歌声。宣教師が切り開いた軽井沢、クリスマスには彼らがランタンを片手に幸せを願い街を歩いたという言い伝えが残されています。他にも星野リゾート「ハルニレテラス」や軽井沢駅前、アウトレット「プリンス ショッピングプラザ」などでもいっせいにライトアップ!焚き火やワインを楽しめるものあり、どれも都会とは違う静かで幻想的な雰囲気です。

 

共通点はどれも暮らしの中で味わえること。「軽井沢の冬は厳しいぞ」と言われていましたが、今のところいいところしか味わってません笑。夏もいいけど、冬もいい。あ、12月を越えすでに寒さはかなりのものです。しっかり着込んで暖かくしてお越しください。

◎最新情報はFacebookページでも配信中です!
▼『軽井沢暮らし通信社』
https://www.facebook.com/karuizawa.kurashi.news/

Sticky
現地編集者が体感!軽井沢の冬の魅力4つ はコメントを受け付けていません。
Share

浅間山の歴史について調べてみた

At Dec 14, 2015

軽井沢 浅間山

軽井沢の北に雄大そびえる浅間山。東京に住んでいた頃はその存在を全く知りませんでした。しかし軽井沢では知らない人はいないほど有名な山。先日、雪が降ったときは「初冠雪を記録しました!」とニュースやラジオで賑わっていましたし、それこそこの仕事をしていると「一望できる絶景ポイントの土地はどこか?」などなど。

となりの御代田町や小諸市、群馬県まで広げてみても知名度は高い。なぜここまで有名なのか?気になったので調べてみました。どうやら「活火山」の歴史が大きく噛んでいるようです…

 

浅間山って?

標高は約2500m。群馬県と軽井沢町と御代田町の境目にドンと位置しています。写真ではちょっと雪に隠れてしまって見えませんが、南側にゴロッと削り取られたカルデラがなんともワイルド。実際のサイズよりかなり大きく感じる存在感があります。

このカルデラが物語るように、ポイントは「活火山の歴史」。遡ること古墳時代の4世紀。そして平安時代の1108年、そして江戸時代の1783年です。小さな噴火も絶えず繰り返してきた荒くれ者ですが、代表的なものはこの3つ。

 

江戸時代の大噴火

中でも江戸時代の噴火は、溶岩流や火砕流が軽井沢だけでなく群馬県まで流れ大きな被害を出したといわれています。範囲は50km以上も先の吾妻川まで。ちなみに、浅間山の北側、群馬県嬬恋村の名所「鬼押し出し」はこの時の溶岩が堆積して固まったもの。「幅2km、長さ5kmにわたって流下した」という記録も残されています。ちょうど天保の大飢饉の時期と重なったこともあり、追い打ちの決定打になったのも記憶に刻まれた原因かもしれません。

それ以来、大きな噴火は記録されていません。噴火の周期は700〜800年と言われているので、現在大規模な噴火の可能性はかなり低いです。それでも2015年の6月には噴煙が立ち上ってニュースになりましたね。警戒レベルは「1」から入山規制のある「2」に引き上げられたり、まだまだちょっと油断はできません。

 

やっぱりそれでも美しい!

昔から人々の引いてきた浅間山。それでも最初にご紹介したように人気は相当なものです。絶景のロケーションの別荘や土地はすぐに売れてしまいます。

季節ごとに様々な表情を見せてくれ、夏の深緑、秋の紅葉、冬は真っ白な雪化粧….散策中や、車や電車の窓など、いろんなシチュエーションでその姿を望むことができます。室生犀星や堀辰雄など、軽井沢にゆかりのある作家の世界にもたびたび描かれています。ちなみに軽井沢では、「浅間山に3度冠雪すると、麓にも雪が降る」と言われているそうな。

Sticky
浅間山の歴史について調べてみた はコメントを受け付けていません。
Share